Site Overlay

当サイトについて

fujiandkawaguchiko-backlight
河口湖では季節によって富士山が逆光で見え、北斜面に濃い陰影ができる。
この鋭く強い印象の霊峰こそが北富士ならではの光景である。

来 歴

もともとは東京在住で出版・広告に携わっていた。
1996年12月6日、DTP目的で初めて Apple の Mac を導入してから、デジタル分野に関心が向いた。1999年6月、ドメインINFOGREEN.COMを取得しWEB展開を始め、園芸分野では国内アクセストップが続いた時期もあった。
「農園芸」という言葉は当時私がサイト展開で使っていた言葉で、園芸業界やマスコミでは誰も使っていなかった。しかし、今は普通に使われている。多少、近未来的時代性を反映していたのだろうか。そしては、農事、園農という言葉に親しみを感じている。

ドメイン名 INFOGREEN.COM は「世界は葉から創られている」というあるガーデナーの言葉に感じ、この名にした。「葉」だから「緑」。また、当時 Yahooに並ぶ Infoseek というポータルサイトの名がカッコいいと感じ、そんな名にしてみた。インターネットが始まった時期に、ちょっと独自の視点を持った園芸専門サイトを作ってみたいと思った。

『旧約聖書』「創世記」には、神が地と海を分けてからまず地に植物を配したことが記され、『古事記』には、神々の創造と配置の際、火水空風の自然を司る天津神が降り、次いで山川草木を司る天地の神々が生まれたことが記されている。INFOGREEN.COM では、出版・広告で最後に携わった農、園芸、庭、植物などの情報を公開してきたが、このモチーフを常に抱いていた。そして、それは今も変わらない。
そのサイトをいったん休む時期があったのは、地球にとってとても重要な様々な真実に触れる機会があり、目からウロコが落ち、旧来の自分ではモノが書けなくなり、修正を施したいと感じたからだ。

今、富士の麓の湖の近くで、自然に寄り添って静かに暮らしている。しかし、相変わらず世も私も、悲喜、苦楽、様々である。
昔のような無鉄砲はなくなったかもしれないが、発するものに迷いはなくなった。ただそれ自体も十分無鉄砲さを含んでいるかもしれない。

自分にできるだけのことをできる範囲でやるまでだし、何もできないかもしれない。それでも何か見えない力に導かれているのだと感じている。

 

Scroll Up